大阪の繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 地域別の繊維メーカーの求人 >> 大阪

大阪の繊維メーカーの求人

大阪における繊維産業の歴史は、古く明治時代にまでさかのぼります。国内有数の繊維産地として発展し、現在でも国内トップクラスの規模を誇ります。府内の製造業の中でも繊維メーカーや繊維産業に関わる事業所は7.6%に上ります。しかし近年では、中国やアジア新興国の繊維産業参入により、国際競争が激化し、大阪府内にある繊維メーカーや工場などでもその影響を受け、縮小の傾向が見られています。大阪の歴史ある産業を活性化するためにも、あらゆる努力が払われています。

大阪の繊維産業の特徴として、大手繊維メーカーと中小規模の繊維メーカーの混在が挙げられます。東京と同じように、古くから繊維産業が発展したことを受けて、大阪に本社を構える繊維メーカーや、西日本の事業中心地として大阪に支社を置く繊維メーカーが少なくありません。一方で、町工場のように中小規模ながらも長年の職人技術を武器に経営を続けているメーカーも多く見られます。こうした中小規模の繊維メーカーで働く従業員の多くは40〜50代となっています。国際競争の影響などを受けて、新卒者を採用しない繊維メーカーが増加傾向にあることは否めません。

大阪府中央区にある帝人ビルには、繊維メーカー最大手の帝人株式会社が本社を置いています。繊維メーカーとしての技術力は勿論のこと、IT事業や医療事業など、幅広い事業をグローバルに展開し、必要とされる新たなソリューション提供に挑戦を続けています。しかし売上高の約50%は繊維事業が占めている事を考えると、繊維メーカーとしての優位性を持っていることがわかります。帝人では毎年50〜70名程度の新卒者を事務系もしくは技術系総合職として採用しています。人物重視を採用基準としているので、学歴や学部学科にこだわらずに自分の可能性を試してみることができます。また繊維メーカーの中で人気のある研究開発職に関わることができるのも注目できます。グローバルに活躍できる人材育成にも力をいれているので、海外研修や語学研修などの教育体制も整っています。大卒者の初任給は約22万円程度が相場となっています。

中小規模の繊維メーカーでは、熟練技術者の高齢化が課題となり、新卒者や若年層の中途採用を積極的に行う必要が生じています。しかし売上や業績が厳しいために、新卒者を採用し人材育成を行うためのコストが十分にない事も事実です。今後はこうした課題を解決し、若い世代が繊維メーカーの第一線で活躍することが期待されています。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.