繊維メーカーの転職と学歴

繊維メーカー求人TOP >> 繊維メーカーの転職の基礎 >> 繊維メーカーの転職と学歴

繊維メーカーの転職と学歴

日本は学歴社会と呼ばれており、諸外国と比べると学歴が重要視されています。特に、学歴が大きく影響するのが新卒採用です。新卒採用の求人情報には応募条件として、高卒以上、大卒以上などの学歴を設定しているところがほとんどとなっています。また、表向きには学歴不問としながらも、実際には学歴によって選考の合否を決定している企業も少なくありません。学歴差別や学歴フィルターなどとして、しばしば問題視されています。

勘違いをしている方も多いですが、企業は見栄のために高学歴の方を積極的に採用しているというわけではありません。新卒採用において、人事の担当者は数多くの学生たちを相手にすることになるため、一人一人に使うことができる時間も限られてきます。限られた時間の中で相手の人格や能力を十分に把握することは非常に困難です。そこで、学歴が一定の学力を持っていることの指標として利用されているのです。そのため、学歴を理由として不採用になる場合はあっても、学歴を理由として採用になる場合はありません。あくまで、学歴は企業が設定した学力の最低基準を保証するものでしかないからです。

学歴が選考にどの程度影響を与えるかというのは業界によって変わってきます。例えば、小売業界は学歴不問の求人募集がほとんどであり、実際の選考においても学歴はあまり重視されません。小売業界では業務遂行において、コミュニケーションスキルという学力とはあまり関係のない能力が重要になってくるからです。

繊維メーカーでは繊維や化成品などを扱うという業務の性質上、専門性の高い知識と技術が必要になるので、選考においてはある程度学歴が考慮されます。大手の繊維メーカーの新卒採用は四年制大学卒以上の学歴保持者に限定されているものが大多数です。しかし、中小の繊維メーカーは世間的な知名度も低く、新卒採用にそれほど費用を投入することもできず、新卒採用の応募者が少ないため、高卒以上まで募集枠を拡大している企業も多くなっています。

近年では繊維業界全体でダイバーシティ・マネジメントが推進されています。ダイバーシティ・マネジメントとは、人種、国籍、宗教、障害、性別、年齢などに捉われることなくさまざまな人材を登用し、それによって獲得した多様性を企業の売上や発展に繋げるというアプローチのことです。学歴もそれほど重要視されなくなってきているため、高学歴保持者以外にも十分にチャンスがあります。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.