繊維メーカーの転職と英語力

繊維メーカー求人TOP >> 繊維メーカーの転職の基礎 >> 繊維メーカーの転職と英語力

繊維メーカーの転職と英語力

リーマンショックに端を発する世界金融危機により、国内外の多くの企業の業績が悪化の一途をたどりました。繊維業界に与えた影響も大きく、世界金融危機以降はグループ再編、生産拠点の統廃合、ビジネスモデルの見直しを図る企業が増えてきています。そこで、現在注目されているのが海外市場です。国内の少ないパイを奪い合う旧来のビジネスモデルでは既に経営が成り立たなくなってきており、未開拓の土地へ目を向ける企業が増えてきています。

繊維業界ではグローバル化が加速しており、特に、モノ造りを行う繊維メーカーはその傾向が顕著です。そのため、英語が得意だったり、英語の資格を持っていたりすると、繊維メーカーの選考において非常に有利となります。海外への留学や不妊の経験がある方はそちらもアピールするといいでしょう。ただ、英語力があるという理由だけで繊維メーカーを希望したとなると具体性と説得力に欠けるので、英語力を活かして繊維メーカーの利益にどのように貢献することができるのかを明確にしておく必要があります。

欧米先進国が市場を席巻していた時代は既に終わりを迎えており、近年では発展途上にある新興国の市場規模が先進国を上回ってきています。しかし、新興国で利益を上げるのは容易ではありません。中国や韓国などのアジア諸国はともかく、インド、東南アジア、中南米、東欧、中近東、アフリカなどの日本から遠く離れた国々は日本人には馴染みのない文化や風習を持っているため、それぞれの特性に合わせて事業を展開することが求められます。その実現のため、繊維メーカーにとって急務となるのが多様性の実現です。日本企業だからといって日本に固執することなく、社員の多国籍化を進め、海外拠点に現地の人材を登用し、各地域の特性にローカルかつフレキシブルに対応していくことが重要となります。

中国をはじめとする新興国の台頭により、繊維業界は長らく苦戦を強いられてきました。しかし、グローバル化が進む近年においては、海外企業との業務提携や技術提携が積極的に行われるようになり、業績を伸ばしている企業も増えてきています。海外企業との共同の元、新製品を開発したり、海外有名ブランドへ輸出を行うなどして、繊維業界に一石を投じる動きが多くの企業で見られます。改革の一環として、繊維業界全体で英語に長けた人材だけでなく、営業職やセールスエンジニアの求人募集が目立ってきている傾向にあります。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.