繊維メーカーの将来性

繊維メーカー求人TOP >> 繊維メーカーの転職の基礎 >> 繊維メーカーの将来性

繊維メーカーの将来性

繊維と一言に言っても実にさまざまな種類があり、麻、綿、動物の毛などの天然資源から作られる天然繊維、ポリエステル、ナイロン、アクリルなどの石油から作られる合成繊維があり、その用途も多岐に渡ります。天然繊維を取り扱う繊維メーカーは紡績メーカー、合成繊維を取り扱う繊維メーカーは化繊メーカーと呼ばれ、紡績メーカーとしては日清紡ホールディングスやダイワボウホールデュングス、化繊メーカーとしては東レや旭化成などが代表的です。

紡績メーカーは原材料である天然資源の大半を輸入に頼っていたため、他国の経済状況や生産状況の変化、為替の変動などが業績に大きな影響を与えるというデメリットがあり、業績が不安定になりがちでした。化繊製品は紡績製品と比べると加工に高度な技術を必要としないという性質があったため、中国をはじめとするアジア諸国の化繊メーカーが次々と国際市場に参入してきました。アジア諸国の製品は生産量が多く、価格も安く、驚異的な速度で世界的なシェアを獲得していき、日本の化繊メーカーは劣勢を強いられつつあったというのが最近までの繊維業界の状況です。

国内の繊維業界は長らく低迷が続いており、その対策として、繊維業界全体で製造品目の絞り込み、ビジネスモデルの見直しなどが進められました。現在、主立った繊維メーカーの繊維部門の多くは黒字化しており、業績は回復傾向にあります。繊維メーカー各社はIT機器やデジタル機器に使用される樹脂やフィルム、建物や航空機に使用される炭素繊維やアラミド繊維、自動車の内装材など、高機能繊維に開発に力を入れており、技術力という日本の強みを活かした改革を積極的に実施中です。

中国をはじめとするアジア諸国の台頭によって日本の繊維業界は苦戦を強いられてきましたが、技術力を活かした新製品を開発したり、設備を強化して既製品の品質向上を図ったり、繊維メーカー各社でさまざまな動きが見られます。これらを受けて雇用も多様化が進んでおり、繊維メーカーでも技術職以外の求人募集が増えてきています。特に、未開拓の市場を開拓できる営業職やセールスエンジニアを求める繊維メーカーが多いです。

また、海外メーカーとの提携や海外有名ブランドへの輸出など、海外展開を拡大したことも大きな成果に繋がりました。繊維業界全体で企業のグローバル化やダイバーシティが推進されるようになり、現在の繊維メーカーでは年齢、性別、国籍などに捉われることなく、マネジメントの一環として多様な人材を積極採用している企業も増加傾向です。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.