繊維メーカーの転職と面接対策

繊維メーカー求人TOP >> 繊維メーカーの転職の基礎 >> 繊維メーカーの転職と面接対策

繊維メーカーの転職と面接対策

繊維メーカーの事業内容は多岐に渡り、近年では非正規事業に注力する企業も増えてきています。そのため、事前にしっかりと下調べをしておかなければ、想像と実像が大きくかけ離れてしまうことが多いです。事業内容が分かっていないとなると、どれほどもっともらしい志望動機を作ってきたとしても面接官の耳には空々しく響くばかりとなってしまいます。また、仮に運良く採用を勝ち取ったとしても、仕事後の理想と現実のギャップの落差にショックを受けて早期退職してしまう可能性もあるでしょう。

面接対策には企業研究が必須です。最も手軽にできる企業研究の方法にはホームページの閲覧があります。ほとんどの繊維メーカーはホームページの運営を行っており、企業沿革、企業理念、事業内容、採用情報などが掲載されているため、その企業を知る上で大きく役に立ちます。また、応募先の企業だけでなく、同業他社のホームページにも目を通しておくといいでしょう。繊維メーカーには同業他社が数多く存在しているため、その中から何故その企業を選択したかというのは面接において必ず質問されます。それぞれのホームページを比較することで、応募先の企業の強みや力を入れて取り組んでいる分野などを知ることが可能です。その他、情報はOBやOGへの訪問、キャリアコンサルタントへの質問などを通じて集めることもできます。

現在、繊維業界は激しい国際競争の中にあり、採用においてはその競争を勝ち抜き、企業を引っ張っていくことができる人材を求めています。そのために必要となるのが新しい分野へ挑戦することができるチャレンジ精神、及び、それを実現させることができる粘り強さです。面接においてはこの人と一緒に働きたいと思って貰えるよう、元気や明るさをアピールすることも重要ですが、繊維メーカーの採用においてはそれに加えて仕事に対する意欲を強く示す必要があると言えるでしょう。

面接においてしばしば聞かれるのが、給与や福利厚生が充実しているのでその企業を志望したというものです。確かに、給与や福利厚生は生活に深く関わってくるものなので、求人募集に応募する際には重要な判断基準となります。面接官も重々承知していることでしょう。しかし、それは面接官が欲している言葉ではないため、給与や福利厚生の話をしてしまうと状況判断ができない人間だと判断される可能性があります。仕事に対する意欲も疑われてしまうことがあるため、質問されない限りは話題に出さない方が無難です。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.