繊維メーカーの転職と志望動機

繊維メーカー求人TOP >> 繊維メーカーの転職の基礎 >> 繊維メーカーの転職と志望動機

繊維メーカーの転職と志望動機

通常、どのような業種や企業でも求人募集の選考においては書類審査と面接が用意されています。そのため、応募者は志望動機を作成しなければなりません。しかし、人事の担当者が求めるものはそれぞれ異なってくるので、応募者が志望動機を作成する際にはそれに応じ、内容を変化させる必要があります。

20代の方が志望動機を作成する場合、それほど実務経験がない場合がほとんどです。そのため、人事の担当者も相手に対して経験や実績を期待することはあまりありません。即戦力としての採用ではなく、キャリア形成のための採用となる場合が多いため、20代前半の方が志望動機を作成する場合はまず第一にやる気をアピールする必要があります。不足している技術や知識を積極的に学んでいくという前向きな姿勢を示すことが重要です。また、やる気は心の内から生じるものですが、具体的な事実を付け加えることでより説得力を持たせることができます。企業のホームページやパンフレットに目を通し、企業研究を行うことが重要です。同業他社と照らし合わせて力を入れている分野などを探してみると、やる気を補強することができます。特に、近年の繊維メーカーの事業内容は多様化や細分化が進んでいる傾向があるので、企業ごとに大きな特徴の違いがあります。会社説明会や工場見学を実施している繊維メーカーも多いので、積極的に足を運んでみるといいでしょう。

30代以降の方が志望動機を作成する場合、社会人としてある程度の実務経験を積んでいることが期待されます。そのため、仕事に対するやる気をアピールするだけでは不十分であり、企業の利益にどのような形で貢献することができるのか、というポイントを明確にすることが重要です。単純に体力と気力とやる気に満ち溢れているというだけであれば、企業としては20代の若者を積極的に採用するでしょう。業界経験があれば前職での経験や実績をアピールすることができます。また、業界未経験でも、例えば、前職でコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルなどを培ってきたのであればそれは他業種の職場環境でも必ず活かすことができるでしょう。前述した会社説明会や工場見学の他、繊維メーカーでは希望者にOBやOGを紹介しているところもあるので、そちらに問い合わせてみるのもいいでしょう。OBやOGは仕事の内容や職場の雰囲気をよく知っているので、より実態に即した志望動機を作成できるようになります。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.