繊維メーカーの就職ランキング

繊維メーカー求人TOP >> 繊維メーカーの転職の基礎 >> 繊維メーカーの就職ランキング

繊維メーカーの就職ランキング

給与水準が良いことや、福利厚生が充実していることから繊維メーカーへの就職を考える新卒者が増加傾向にあります。繊維メーカーへの就職の約7〜8割は技術職での採用となります。求人が少ないデメリットはありますが、事務職、営業職での求人採用も各メーカーでされています。

数年前の繊維業界では、中国を筆頭に東南アジアの新興国の経済成長に伴って、売上高が減少傾向にありました。国内市場においても厳しい経営状態に置かれていましたが、近年では日本企業独自の品質向上や海外市場への進出、海外企業との業務提携などによって、徐々に右肩上がりに転じています。繊維メーカーへの就職を見てみると、やはり大手企業への就職を希望する傾向が強くあります。年収や福利厚生、社風などが魅力的に感じ就職を考える新入社員が多くいます。一方で中小規模の繊維メーカーでは採用人数が少ないですが、総合職として採用するメーカーもあります。経営の枢軸で活躍することができるチャンスがあるのは、大手企業では余りない魅力といえます。

国内繊維メーカーの最大手として、世界を舞台に確実な業績を残しているのは東レです。新卒者採用人数も100〜180名前後と多いことから、就職ランキングの上位に位置しています。技術職、事務職、Gコースでの採用を行い、Gコースでの採用者はあらゆる部署での経験を積み、将来的に幹部として経営に携わることが期待されています。初任給は約25万円程度、平均年収は約650万円程度で、この数年は推移しています。

東レに次ぐ国内シェアを占める、帝人も人気の就職先となっています。近年では海外市場での事業拡大なども積極的に進めるために、言語力がある人材や既成概念にとらわれずにグローバルな視点で物事を考え、実行できる人材を採用しています。採用人数は50〜70名前後、平均年収は約670万円前後となっています。海外での勤務に興味がある人や自分の持つ可能性を十分に発揮できる職場を望む人にとっては、魅力的な職場環境となっています。

最近では、内資系メーカーだけではなく外資系繊維メーカーへの就職にも注目が集まっています。最大の魅力となっているのは、実力主義、成果主義を採用して個々の社員を評価していることです。勤続年数などにとらわれずに、仕事で結果を残すことができれば収入という形で返ってきます。内資系に比べると福利厚生面でさらに充実しているのも外資系メーカーが就職先として注目されている理由の一つです。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.