繊維メーカーの転職と自己PR

繊維メーカー求人TOP >> 繊維メーカーの転職の基礎 >> 繊維メーカーの転職と自己PR

繊維メーカーの転職と自己PR

繊維産業は日本において、長い歴史と確かな技術力を持つ産業の一つとして、これまで成長してきました。しかし近年においては、中国をはじめ東南アジア諸国の繊維産業が急成長を遂げ、日本の繊維産業にとっては厳しい経営が強いられる状態が続いています。今後は繊維メーカー各社は、業界でのシェア確保や生き残りをかけて熾烈な競争が必至です。他業界同様に、繊維業界においても海外進出や海外での新規市場開拓によって、業績を立て直しているメーカーに注目が集まっています。

履歴書を作成する時や、面接時に聞かれる自己PRは、本人のやる気や能力、経験などを伝えるための絶好の機会と見なすことができます。自己PRは就職先の企業規模や、応募する業種によっても若干異なってくるでしょう。大切なポイントは、企業側がどのような人材を必要としているのかを把握し、自分がそのニーズにかなっている人材であることをアピールすることです。

大手繊維メーカーでは技術職、営業職などを問わずに幅広い分野で求人募集をしています。また他メーカーとの差別化を図るため、独自のブランドを開発することも多くなっています。そのため大企業への就職や転職を希望する際には、自分が持つ発想力、企画力、トータルマネージメント力などをアピールすることが強みになるでしょう。また機械設計や制御設計などの機械設備に関わる業務内容であれば、高専や大学などで理工系を専攻しておくことで、学んだ知識や技術を今後どのように企業に還元できるかを自己PRに盛り込むことができるでしょう。冒頭で述べたように、海外への進出や海外企業との経営統合が進む繊維業界においては、語学力も強みとなります。英語であれば、ビジネス英会話レベルの言語力があれば十分にアピールすることができるでしょう。また中国語は流暢に話せる人材を積極的に採用する企業も多いので、この分野で自己PRすることも可能です。

中小規模の繊維メーカーへの就職や転職の場合、新卒者は総合職として幹部候補で採用されます。傾向としては、あらゆる部署や部門で勤務することで、将来的に企業を担える人材育成を目指します。自己PRとしては、どんな分野に対しても情熱を持って取り組むことができる向上心やチャレンジ精神が高く評価されるでしょう。またプロジェクトをまとめることができる、コミュニケーション能力もアピールできるポイントです。大手企業と同様に、中小規模のメーカーでも語学力のある人材を必要としているので、英語や中国語の能力は有利になります。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.