繊維メーカーの仕事内容

繊維メーカー求人TOP >> 繊維メーカーの転職の基礎 >> 繊維メーカーの仕事内容

繊維メーカーの仕事内容

繊維メーカーの花形と言える職種が製品開発職です。製品開発職は自動車メーカーや電機メーカーなどと連携を取りつつ、ユーザーのニーズを満たす製品の開発を行っていきます。中国をはじめとするアジア各国の台頭によって国際的な価格競争が激化する昨今、繊維メーカー各社は競争力獲得のためにさまざまな分野へチャレンジしており、自分の中のアイディアを積極的にカタチにすることが可能です。

研究開発職もモノ造りを行う繊維メーカーにとって欠かせません。研究開発職の主な仕事は部品や素材の研究、実験、解析です。それらを通じ、製品の性能、安全評価、生産技術開発を行っていきます。研究開発職は新製品の品質の向上、既製品の品質の改善のために欠かせない職種です。

エンジニアリング職は製品を生み出す生産現場の機械設備の設計、改善、保守を手掛ける職種です。安定して高品質な製品を生み出すために、エンジニアリング職は重要な役割を果たします。

営業職の主な仕事は販売促進です。ユーザーに対して営業、交渉、提案を行うだけでなく、ニーズを吸い上げて研究や開発にフィードバックするのも営業職の重要な仕事となります。そのため、営業職やコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルも必要です。また、営業の一環として、マーケットの情報収集などを行うこともあります。

また、繊維メーカーにも他業種の企業と同じく、庶務、法務、経営管理などの一般的な事務を手掛ける総務、採用計画、人事評価、人材育成、人事制度の策定や実行などを行う人事、経理や資金調達あるいは投資といった財務業務を行う経理財務、経営戦略や事業戦略の企画、立案、遂行などを行う経営企画などの職種があります。

以上が繊維メーカーの主な職種ですが、繊維メーカーはそれぞれ企業ごとに事業の内容が大きく異なるため、職種の種類も大きく変わってきます。例えば、ファッションブランドを持っている繊維メーカーでは販売職の求人募集も定期的に実施中です。その他、繊維メーカーには金属や陶器、樹脂、あるいはガラスやコンクリートなど、非繊維事業に注力する企業も増えてきています。応募職種が多様化、細分化している傾向にあるため、繊維業界未経験者の求人募集を募っているところも多いです。繊維メーカーの仕事に興味がある方は求人情報誌や求人情報サイトに日頃からアンテナを張り巡らせておくといいでしょう。年齢、経験、資格を不問としている求人募集も少なくありません。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.