20代向けの繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 20代向けの繊維メーカーの求人

20代向けの繊維メーカーの求人

20代の場合、繊維メーカーに正社員として就職するのは新卒採用が一般的となります。繊維メーカーの新卒採用は基本的に当年度の大学や大学院の卒業生が対象となりますが、高卒、高専卒、短大卒も新卒採用として求人募集をかけている繊維メーカーも少なくありません。特に、中小の繊維メーカーは知名度が低く、新卒採用でそれほど応募者が集まらないので、新卒採用の募集枠を広げているところも多く見られます。なお、応募条件は全く同じというわけではなく、高卒や高専卒や短大卒の場合、大卒や大学院卒と比べると初任給は低めに設定されています。ただ、担当することになる業務自体は変わらないので、高卒でも実績を重ねれば十分経営のトップに上り詰めるチャンスがあると言えます。なお、新卒採用にはこれらの他、卒業から三年以内の既卒者や第二新卒も新卒採用と同じ条件で求人募集をかけている繊維メーカーもあります。

世界各国と比較すると日本は学歴社会と言われています。特に大手企業の新卒採用では高学歴保持者以外は選考の対象にすらならない、いわゆる学歴差別や学歴フィルターが存在するとされており、しばしば社会問題として取り上げられています。学歴が選考にどれほど影響を及ぼすかというのは業界や企業によって変わってきますが、業務遂行において、高度な論理的思考能力や問題解決能力が必要となる総合商社などは学歴が重視され、人当りやコミュニケーションスキルが必要となる小売業などは学歴がそれほど重視されない傾向にあります。

繊維メーカーは総合商社と小売業の両方の性質を兼ね備えており、求人募集の選考においては学歴がある程度考慮されます。しかし、近年の繊維業界は全体を通し、国際競争力獲得のためにダイバーシティが推進されており、性別、年齢、国籍、学歴などに捉われることなく多様な人材を登用している向きがあります。そのため、高学歴保持者でなくても、選考においてそれを上回る実力や魅力をアピールすることができれば十分に採用を勝ち取るチャンスがあると言えるでしょう。

気力と体力に満ち溢れた20代は仕事へのモチベーションと知識の吸収力が高く、キャリアを積むに当たっては最適な年齢とされています。そのため、20代は繊維メーカーの求人においても選択肢が広く、即戦力としての働きが期待される経験者採用を除いてあらゆる求人募集に応募することができます。そのため、自分の条件に見合った求人募集も簡単に見つけることができるでしょう。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.