第二新卒okの繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 第二新卒okの繊維メーカーの求人

第二新卒okの繊維メーカーの求人

他業界同様に、繊維メーカーにおいても第二新卒者を積極的に受け入れています。また第二新卒者が活躍できる職場も多くあります。第二新卒者とは、卒業後に一旦就職したものの、1〜3年以内の短期間で転職を目指す人を指しています。そのため第二新卒者の採用枠は新卒者ではなく、中途採用になります。転職先を考える前に、繊維業界での第二新卒者採用の現状を把握しておくことが必要になります。

第二新卒者にとって、武器となるのは繊維メーカーで実際に働いたことのある経験と知識でしょう。新卒者にはない要素となるので、技術職、営業職のどちらであっても、この部分を上手にアピールすることが、転職を成功させるポイントとなります。また自分のスキルを企業にどのように還元したいと考えているのかを伝えることも大切です。企業にとって即戦力として仕事をしてもらいたいと思ってもらえれば、第二新卒の強みを十分に生かすことができているといえます。

繊維メーカーでの求人のおよそ7〜8割は技術職での募集となっています。そのため、理工学系を専攻していた場合には有利になります。特にメーカーにとっては欠かすことのできない、機械設備に関わる資格や知識を持っているならばエンジニアリング職として重宝されるでしょう。最近の繊維メーカーの技術職の特徴として多様化・細分化を挙げることができます。顧客ニーズが多様化していることで、メーカー側でもそのニーズに応じる必要があります。研究開発職、生産技術開発職など自分が持っているスキルを発揮できる部署への転職が望ましいでしょう。

外資系繊維メーカーも第二新卒者が転職先として挙げることができる、選択肢の一つとなっています。外資系の最大の特徴は能力重視です。能力があり、確実に実績や結果を出せる人材を外資系繊維メーカーでは積極的に採用しています。スキルに自信があるものの、職場の人間関係などで上手くいかずに転職を考えている場合には、外資系メーカーへの転職も視野に入れることができます。

技術職、営業職を問わず、語学力のある人材を採用している傾向も、繊維業界の特徴となっています。徐々に業績が上向きに転じている繊維業界ですが、国内市場は飽和状態であるため、今後は各メーカーが海外進出へ方向性を変えると考えられます。英語をはじめ中国語などの語学力があるならば、必要とされる企業は多くなります。言語力があるならば、第二新卒者として繊維業界での経験や知識を上手に活かすことができます。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.