50代向けの繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 50代向けの繊維メーカーの求人

50代向けの繊維メーカーの求人

転職に有利なのは30代までと言われますが、繊維メーカーにおいても同様の状況と考えることができます。50代で転職を成功させるためには、これまでの経験や実績に加えて高い能力やスキルが必要とされると考えることができます。前職での実績や当人が持つスキルなどを評価されての転職の場合には、管理職などに就くことも可能でしょう。繊維業界での業務実績がない、未経験者の場合には転職はかなり難しくなるのが現状です。

転職を希望する際に、まず考えられるのは技術職としての転職です。中国をはじめとするアジア周辺国が急速な勢いで経済成長を遂げることによって、国内繊維メーカーでは対抗策として高い技術を生かした、高機能製品の開発に力を入れています。それで、研究開発という分野で企業に貢献できる人材であれば転職には有利になります。また同じ技術職の中でも、実際に生産ラインで使用する機械設備の設計や改善、保守作業を担当するエンジニアリング職として活躍できる優秀な人材を必要としています。エンジニアリング職での転職を希望するのであれば、繊維業界に限らずに前職での経験や資格が有利になる可能性が高いでしょう。

50代で営業職での採用を行っている企業は多くありませんが、それまでの営業実績やコミュニケーション能力、プレゼンスキルなどが極めて高い場合には、転職も可能でしょう。その際には、新たな企画の立ち上げやプロジェクトリーダーという責任を担える人材であることが必須となります。顧客ニーズに敏感であることや、流行りを把握するための情報収集能力も欠かすことができないポイントとされています。

ヘッドハンティングのような、それまでの実績やスキルを評価されて転職する場合は別として、50代で転職する際には自分の方法やこだわりを抑えることも非常に重要です。経験豊富であったとしても、転職先では新入社員であることに変わりありません。自分の方法で仕事を進めてしまうと、スムーズに周りと馴染むことができなくなる傾向にあります。まずはメーカーのやり方や考え方を吸収して、自分を合わせることも必要です。また時には、収入が減ってしまう可能性もあります。50代で繊維メーカーへの転職を考える際には、何かの分野で妥協しなければいけないようです。他年代同様に、転職前にはしっかりと、業界研究や企業研究をしておくことが大切です。自分の能力や経験で転職できると考えるのではなく、謙虚な気持ちで臨むことが転職成功につながります。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.