技術職の繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 技術職の繊維メーカーの求人

技術職の繊維メーカーの求人

繊維メーカーはモノ造りに携わる職種なので、技術職の求人募集が最も多いです。新卒採用でも7割から8割は技術職での採用となっています。一般的に技術職は理工学系の出身者のみの採用となりますが、近年では技術職の多様化が進んでおり、理工学系以外の学部学科から技術職として採用されるケースも増えてきています。

繊維メーカーにおける最も代表的な職種が製品開発職です。製品開発では新しい生地の開発、新しい製品の製造など、モノ造りの根幹を成す仕事を行います。また、新製品だけでなく、既存製品の改良と改善も製品開発職の重要な仕事です。製品開発職は営業職と連携を取りつつ、自動車メーカーや電機メーカーなど、ユーザーのニーズに合わせたモノ造りを行っていきます。近年では中国をはじめとするアジア諸国が繊維業界に参入を初めており、国際競争が激化しています。労働賃金の安いアジア諸国に生産能力で勝負するのは分が悪いので、日本の繊維メーカー各社は日本の高い技術力を活かした高機能製品などの新しい分野へ積極的にチャレンジしています。こうした気運が繊維業界全体で高まっているので、クリエイティブな仕事に就きたいと考えている方は繊維メーカーへの就職、転職を考えみるのもいいでしょう。

研究開発職は主に部品や素材の研究、実績、解析を行う職種です。それらを通じ、製品の性能向上、安全評価、生産技術開発などを行い、製品の品質向上に貢献していきます。研究開発職は製品開発職と並び、モノ造りには欠かせない職種と言えるでしょう。

安定して製品を製造するためには生産現場の機械設備の充実は必要不可欠であり、それを担うのがエンジニアリング職です。エンジニアリング職は生産現場の機械設備の設計、改善、保守を手がけ、モノ造りの下を縁の下から支えていきます。

その他、繊維メーカーでは製品のデザインを務めるデザイン職の求人募集なども行われています。

上述した通り、現在の繊維メーカーの技術職も非常に多様化しています。高分子や有機・無機材料の研究開発職、バイオ関連製品の研究開発職、医薬品の生産技術開発職、機械・電気・化工・情報の設備開発職など、専門性の高い職種が増えてきており、それにともなって繊維業界全体で他業界からの転職を求める向きが強くなってきています。他業者の実務経験者でも培ってきたスキルを活かせる可能性があるので、繊維メーカーの仕事に興味がある方は定期的に求人情報を確認しておくといいでしょう。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.