外資系の繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 外資系の繊維メーカーの求人

外資系の繊維メーカーの求人

外資系企業は外国人や外国法人が一定以上の出資を行っている企業のことです。外資系企業と日本企業はどちらも日本で営業をしているというところは共通していますが、両者の間には細かな違いがあります。

日本企業では組織にどのように貢献するかという点が重視されます。組織に対する忠誠を貴ぶのは江戸時代の武家奉公制度などに起因する古くからの日本人の気質なのです。日本企業においては業務遂行においては協調性が必要不可欠であるとされており、飲み会や食事会などもまるで業務の一環であるかのような考え方を持っている方が多く見られます。

外資系企業では利益にどのように貢献するかという点が重視されます。人間関係の構築は利益を得るための手段の一つでしかなく、特に必要がない場合は一人で仕事に取り組むという考えを持っている方が多いです。日本企業と比較すると個人の意思が尊重される面が強く、個人の裁量で自由に仕事ができる風潮があるため、外資系企業には実にバラエティーに富んだ個性豊かな社員が大勢在籍しています。性別、年齢、国籍などがバラバラな企業も多いです。

日本企業は年功序列を採用していますが、外資系企業は実力主義を採用しています。ただ、勤続年数を重ねたからといって周囲から評価されることはありません。何かしらの実績を上げ、組織の利益に貢献して初めて評価が下され、給与などに反映されることになります。また、日本企業は仕事が安定しているものの意思決定が遅く、やりたいと思ったことがあっても即座に実行に移すことができませんが、これに対して、外資系企業は意思決定がスムーズであり、自分のスキルを存分に発揮することが可能です。近年、繊維メーカーでは国際競争力の獲得のため、さまざまなジャンルにチャレンジするという気運が高まっているので、自分のスキルに自信があるという方は国内の製紙メーカーだけでなく外資系の製紙メーカーも転職の候補として考えてみるといいでしょう。

外資系企業は海外との深い結びつきがあるため、外資系企業の採用を勝ち取るためには英語をはじめとする語学力が必須です。基礎的な英単語や英文法を知っていたり、簡単な英会話ができるだけでも評価は大きく変わってくるので、時間がなくても集中して英語の勉強に取り組んだ方がいいでしょう。繊維メーカーは海外展開にも積極的に取り組んでいる企業が多く、語学力を上手くアピールすることができれば選考にもかなり有利になります。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.