海外勤務ありの繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 海外勤務ありの繊維メーカーの求人

海外勤務ありの繊維メーカーの求人

繊維メーカーは数の差こそあるものの、大手でも中小でも国内には工場などの複数の事業拠点を持っています。新卒採用で総合職として採用された場合、しばらく研修を積んだ後は国内の事業拠点を渡り歩くのが一般的です。それは技術系総合職でも事務系総合職でも変わりません。総合職は将来的には会社の幹部、または営業拠点の所長などの管理職になるため、さまざまな事業拠点の仕事を通じ、深い知識と広い視野を育てる必要があるとされているのです。特に、大手の繊維メーカーではその傾向が顕著であり、大手の繊維メーカーは教育制度も充実している企業が多いため、短期間で着実なスキルアップとキャリアアップを重ねることができます。なお、総合職の中にも転勤がない内勤型の総合職がありますが、内勤型は転勤型に比べると昇進のペースが遅くなりがちです。

近年、繊維業界では海外市場に期待がかかっています。中国をはじめとするアジア諸国が繊維産業に参入し、安価で大量の繊維製品を作ることができるようになったため、その勢いに押されて日本の繊維業界は劣勢を強いられつつありました。そこで、日本も海外市場に注力し、国際競争力を強化しようという気運が高まっているのです。海外市場の一番のメリットは人件費が安価で人材を確保しやすいこと、また、資源が豊富で素材を調達しやすいことなどが挙げられます。

海外市場に参入するためには英語や中国語などの語学力が必要となるため、現在では繊維業界全体で高い語学力を持つ人材が積極的に採用されています。英語の資格を持っていたり、海外留学や海外赴任の経験があると選考において非常に有効です。また、そこまで突出した能力や実績がなくても、日常的な英会話をすることができたり、基礎的な英単語や英文法を知っているだけでも十分なアピールポイントになります。

海外市場への参入には語学量が必要不可欠ですが、現地の人たちと会話ができるからといって全てが滞りなく上手くいくということはありません。海外にはそれぞれ、その土地固有の文化や風習があり、それに基づいた人材育成やマネジメントを行う必要があります。指導方法を誤ってしまうと現地の人たちのモチベーションを低下させてしまうどころか、場合によってはストライキなどにも繋がりかねません。海外市場で実績を上げるためには現地の方たちと普段からコミュニケーションを図り、会社の方針をしっかりと説明して理解してもらうことが重要です。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.