高収入の繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 高収入の繊維メーカーの求人

高収入の繊維メーカーの求人

東南アジアの新興国が経済的に急成長を遂げることによって、日本の繊維産業は苦戦を強いられる状況が続いていました。しかし、独自の技術力や海外展開、海外企業との提携によって、徐々に売上高は右肩上がりに推移しています。繊維業界全体で見たときの平均年収は約530万円程度となり、決して低くはない金額です。

他業種と同様に、繊維業界においても企業の規模は収入面に影響を与える要素となっています。もちろん、中小規模の繊維メーカーに勤務することでも高収入を得ることも可能ですが、大手メーカーに勤務する方が、より早い段階で高収入になります。例えば、業界大手として安定した売り上げを維持している、旭化成では社員の平均年収は約850万円程度です。前職での技術や経験を評価されたり、部長職などの役職に就くならば、年収1000万円以上も難しくはないでしょう。このように、大手企業への就職や転職が高収入への近道となります。約700〜800万円程度の年収が相場になります。

また実力主義、成果主義を採用している外資系繊維メーカーへの就職、転職によっても高収入が可能です。内資系企業では、年功序列が基本的な考えとして採用されているため、勤続年数に伴って昇給していきます。外資系メーカーでは、個人の成績や能力が直接、給与に反映されます。自分が培ってきた能力や技術を十分に発揮する機会もありますし、そうすることで高収入を得ることも可能です。実績を出すことができれば、30代前後の若い時から年収1000万円も不可能ではありません。やはり英語や中国語などの語学力も必要なスキルと見なされています。

大手メーカー、中小規模メーカーのどちらであっても、現在では海外への経営拡大を行っています。そのため拡大規模に差があるとはいえ、海外に営業所や工場を設けているメーカーが多くあります。このような海外勤務も高収入の案件となっています。基本的には基本給とは別に海外赴任費用や手当が発生するため、給与とは別に+αを得ることができます。また海外へ赴任する社員の多くは将来の幹部候補として派遣されることも多いので、海外勤務を終えて日本に戻る際には更に高収入になる可能性があります。

海外での勤務になるので、英語力は必要とされます。また中国への進出を行っている企業では中国語のスキルも必要とされる場合があります。日本とは異なる環境での業務には苦労も多々ありますが、収入面では優遇されるのが海外勤務のメリットとなります。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.