大手の繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 大手の繊維メーカーの求人

大手の繊維メーカーの求人

繊維メーカーとは、生地を開発したり、衣服を製造したりする企業の事です。戦前より、日本では繊維製品が主要な輸出品として取り扱われており、日本は繊維製品の輸出大国として世界的に知られていました。しかし、労働賃金が安い中国やアジア諸国の台頭移行、繊維生産拠点がそちらに移り、日本の生産力と影響力は次第に低下していくことになります。日本の繊維メーカーが国際競争に生き残るためには、組織体制の変化、生産品目の絞り込み、ビジネスモデルの見直しなどの改革が必要です。

繊維メーカーは生地や衣服を取り扱うという業務特性上、ファッション業界やアパレル業界とは密接な繋がりがあります。近年ではトレンドの流行り廃りが非常に早く、旧来の製品を生産し続けるだけでの事業モデルでは継続して利益を得ることが難しくなってきました。そこで、大手の繊維メーカーでは自社のブランドを開発したり、従来とは異なる高級ブランドを立ち上げたりするなど、さまざまな改革を行っています。大手の中は企画、製造、販売までを一手に引き受ける繊維メーカーもあります。そのため、大手の繊維メーカーは特に事業内容が非常に広範囲に及び、求人募集もバラエティーに富んでいるのが特徴です。技術系、事務系を問わず、求人情報に目を通すと実にさまざまな職種の求人募集が行われています。

また、日本の高い技術力を活かした高機能繊維の開発など、大手の繊維メーカーはアジア諸国との差別化にも取り組んでいます。新しい開発体制、製造体制を整えるためには機械設備の充実が必要不可欠です。そのため、機械設計や制御設計、システム開発に通じた人材を求める求人募集が大手の繊維メーカーでは増えつつあります。自動車業界など、他業種から繊維業界へチャレンジする方も多いです。

繊維業界は全体を通して改革の最中にあり、その一環としてダイバーシティ・マネジメントが推進されています。性別、年齢、国籍を問わず多様な人材を登用することにより、企業の売上や利益に繋げるというアプローチです。大手の繊維メーカーには他業種の経験者を積極的に採用しているものも多いため、繊維メーカーの仕事に興味がある方は定期的に求人情報をチェックしておくといいでしょう。

繊維業界の平均年収は530万円程度であり、他の素材関連業種と比較すると決して高い水準ではありませんが、大手の繊維メーカーに転職すれば700万円から800万円程度の年収を得ることが可能です。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.