営業職の繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 営業職の繊維メーカーの求人

営業職の繊維メーカーの求人

繊維メーカーはモノ造りに携わる仕事であり、研究開発、技術開発・商品開発、生産技術、エンジニアリング、分析評価などの技術職の求人募集が豊富です。新卒採用においても、ほとんどの繊維メーカーでは7割から8割以上が技術職での採用となっています。

技術職と比べると割合こそ少ないものの、繊維メーカーでは新卒採用において事務職の求人募集も行われています。事務職として代表的な職種が営業、企画、総務、法務、人事、経理、購買です。特に、営業は繊維メーカーにとって欠かせない存在であり、営業担当者の営業手腕が利益を左右すると言っても過言ではありません。

繊維メーカーでの営業では個人宅への飛込みなどは行いません。基本的に、営業の相手となるのは個人ではなく法人です。営業は専門店、量販店、アパレルショップなどに対して製品の提案を行っていきます。また、ユーザーのニーズを製品に反映させるのも営業の仕事です。現在の流行を把握するためには情報収集能力が、未来の流行を予測するためには先見性が必要になります。そのため、営業はマーケットの動きを掴むためにあらゆる場所へアンテナを張り巡らせておく必要があり、そういった意味でもコミュニケーションスキルが必須になると言えるでしょう。また、営業はビジネスプランの企画立案に携わることもあるため、その実現のためにはプレゼンテーションスキルも必要になります。明確な数字を示すのはもちろん、会議の場では時に企画そのものを大きく見せる表現力や演出力も求められます。

繊維業界では営業職だけでなくセールスエンジニアも積極的に採用されています。セールスエンジニアとはセールスとエンジニアリングを組み合わせた言葉であり、営業職と技術力の両方の側面を兼ね備えた職種です。近年、日本の繊維メーカー各社では高機能繊維などの優れた製品が数多く製造されていますが、それらは高度かつ複雑な性質を持っている場合が多く、そのため、専門的知識を有するセールスエンジニアが重宝されています。専門的知識に基づき、ユーザーに最新のテクノロジーを紹介していくものです。セールスエンジニアは出張が多く、社内で仕事をすることはほとんどありません。与えられた時間を有効に活用し、営業組織の需要のために柔軟な活動を行っていきます。セールスエンジニアは大変な仕事ではありますが、営業手腕に自信があり、かつ、自分のペースで仕事をしたいという方には最適な職種と言えるでしょう。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.