中小の繊維メーカーの求人

繊維メーカー求人TOP >> 条件別の求人 >> 中小の繊維メーカーの求人

中小の繊維メーカーの求人

中国をはじめとするアジア諸国の台頭によって日本の繊維業界は長らく劣勢を強いられており、現状を打破するため、将来有望な若年層を積極採用している傾向にあります。そのために最も有効となるのが新卒採用です。大手の繊維メーカーではインターンシップや会社説明会など、新卒採用に力を入れて取り組んでおり、毎年100名程度の新卒者を採用している企業もあります。

新卒採用で人気があるのは知名度の高い大手の繊維メーカーです。中小の繊維メーカーにはそれほど大勢の応募者は集まりません。中小の繊維メーカーでは新卒採用の採用数が10名から30名程度というところが多いです。そのため、中小の繊維メーカーでは新卒採用と同じくらい中途採用にも注力しており、会社幹部候補である総合職の求人募集が見られることもあります。中小の繊維メーカーでは中途採用でも経営のトップに上り詰めるチャンスがあるのです。

現在、繊維業界全体で国際競争における生き残りをかけて事業の見直しが行われています。それは大手の繊維メーカーだけでなく中小の繊維メーカーでも同様です。特に、中小の繊維メーカーでは中国語や英語力などの語学力を向上させて海外との結びつきを強くし、これまで手つかずだった海外市場を開拓するという気運が高まっています。そのため、語学力の高い方、海外留学や海外赴任の経験がある方は求人募集の選考に非常に有利です。また、語学研修や海外研修を取り入れたり、資格制度を推し進める中小の繊維メーカーが増えてきており、働きながら外国語を身に着けることができる職場環境も整いつつあります。

大手の繊維メーカーと比べると中小の繊維メーカーは企業規模が小さいですが、技術力や業務内容にはそれほど大きな違いはありません。むしろ、中小の繊維メーカーは企業規模が小さいからこそ、さまざまな分野にチャレンジしやすい職場環境があるとも言えるでしょう。大勢の人間が意思決定に関わってくる場合、どうしても最終的な判断は角が取れて丸くなってしまいがちだからです。そのため、仕事へのやりがいを求めて中小の繊維メーカーを志すという方も多く見られます。ただし、中小の繊維メーカーであれば必ずしも自分の好きなように仕事ができるというわけではなく、メーカーでの仕事はチームの連携によって行われるため、チャレンジをカタチにするためにはコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルが必要になってきます。

繊維メーカーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2018 繊維メーカー向け求人ナビ【※繊維業界の転職ガイド】 All Rights Reserved.